NEWS

渦がいっぱい、縄文土器

一万五千年もの間、争いごともなく、定住狩猟生活をしていたという縄文時代。
写真の土器は、縄文時代に新潟県で出土し、縄文土器(じょうもんどき)の中で唯一の国宝に認定された「火焰型土器(かえんがたどき)」。発掘された年代は、約5300年前の縄文中期。約500年の間だけつくられました。

それにしても渦があちらこちらに見れますね。

私は、縄文人も渦に《いのち》や生命のダイナミズムを感じ取っていたんだと思います。

それにしても渦って「生きてる!」って生命力を強く感る。

いつか、こんなところに泊まってみたいな~。

NEWS一覧

PAGE TOP