【聖なる植物】麻炭セラミック

国産の麻の炭をセラミックにしました。
麻の炭は、まるで太陽のような温もりがありますが、とてもふわふわ柔らかくで、触ると簡単に粉になってしまいます。
そのままでは、浄水器やシャワーに入れたりする事は出来ません。水の圧力に負けて流れてしまうからです。

そのために、水の圧力に負けないように固くする必要がありました。
麻の炭を低配合したセラミックを作る事は、とても簡単です。
それでは麻のエネルギーが低く、意味がありません。
一定の硬度を保ちつつ、ぎりぎりまで麻の炭を「高配合」にする必要があります。

セラミックメーカー5社に打診したところ、4社からは不可能と言われましたが、
残り1社から「チャレンジしてみたい」と回答を得て、幾度となく試作をして頂きました。
待つ事、半年…。6ヶ月かけて、硬度・配合量ともに、満足のいく麻炭セラミックが誕生しました。

もちろん、お水の浄水、お部屋の浄化などにも使用する事が出来ます。
神事に欠かす事が出来ない、麻の持つ高貴なエネルギー。
貴方は、どんな使い方をするのでしょうか…。

日本人にとって馴染み深い「麻」

日本人と麻の関りは一万数千年前の縄文時代まで遡り、日本各地の遺跡で痕跡が発見されています。
お米は約2000年前に入ってきた比較的新しい植物です。
麻は、戦前の日本では奨励作物として日本各地で当たり前のように栽培されてました。
神事には欠かせない植物で、穢れを祓う聖なる植物として大切にされ、神社では特に必要不可欠な存在です。
浄水に、お部屋に置いて場の浄化にお勧めします。