NEWS

深海にCO2を蓄積する「渦」、南極海で発見 英豪研究

 地球温暖化の原因となっている二酸化炭素(CO2)が南極海(Southern Ocean)の深海に蓄積されるメカニズムを解明したと、英豪の共同研究チームが29日、発表した。風と渦、海流の働きが重なって、CO2を吸収し深海へと閉じ込める漏斗(ろうと)状の水の流れが生まれているのだという。

 地球上のCO2の約4分の1は海中に吸収・隔離されているが、その約40%は南極海に集中している。水深約1000メートル付近に数百年~数千年にわたって閉じ込められているとされるものの、CO2がどのようにして深海にたまっていくのかは究明されていなかった。

 これまでは風がCO2の溶け込んだ表層海水を一定海域に集め、深海へと降下させているのではないかと考えられてきたが、今回研究チームは小型の深海探査ロボットを使って収集した10年分のデータから、風に加えて平均直径およそ100キロに及ぶ巨大な「渦」も要因の1つであることを見出した。

https://www.afpbb.com/articles/-/2892655

NEWS一覧

PAGE TOP