NEWS

「精子は回転しながら前進」 300年以上の定説を覆す イギリスなど研究

●テレ東NEWS
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/08/03/012795.html

ドリルのように回転しながら前進する物体。これは、ヒトの精子が泳ぐ様子を再現したアニメーションだといいます。イギリスのブリストル大学などの研究チームが発表しました。

これまで、300年以上に渡って、精子は「水の中のうなぎ」のように、左右にしっぽ(べん毛)を振りながら前進すると思われてきましたが、研究チームはそれを「錯覚だ」と指摘。

実際に精子の動きを3Dで捉えると、コルクの栓抜きのように回転していることがわかったということです。

——-

これは、ピストルの弾の様に螺旋運動をしながら進むと直進性が増しすのと同じ現象だと思います。
目的に向かってなるべく短い距離で進む、また、液体の中を効率よく進むにも螺旋運動は最適なのではないでしょうか。

この現象は以前から言われていましたが、映像で見るとより分かりやすいですね。

●「人体のふしぎ」
http://zukan-move.kodansha.co.jp/column_list/human/3.html
●ナショジオ
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022600088/

NEWS一覧

PAGE TOP